昨日今日と、暑いですね昨日は梅雨明宣言がされて、各地で猛暑日だったとか・・・。

水分はこまめにとらないとですね私は、最近アイスティーを常備しています。

さて、昨日は、ティールームにてビアガーデン「British Garden Cafe&Bar」のプレオープンでした!

たくさんのお客様にご来店頂き、おかげさまで盛況でした

7月は、毎週金・土曜日の19時半~23時(L.O22時)にオープンしますので、ぜひお立寄りください

さて、今日のブログは、イギリス菓子「ショートブレッド」についてです。

スコットランドの伝統的なお菓子で、英国土産の定番とも言える「ショートブレッド」、

「ショート(short)」とは、「サクサクしている」とか「ぽろぽろしている」といった意味の形容詞で、

その名のとおり、口に入れるとサクサク、ぽろぽろっと崩れる食感があります。

それだけで食べると、少し粉っぽさを感じますが、イギリス人は、ショートブレッドとミルクティーが

口の中で合わさるのが好きなんだとか。確かに、ミルクティーにはぴったりのお菓子です

スコットランドのレシピでは、上新粉(米粉)を使ったものが多く見られます。

バター、小麦粉、砂糖、塩の4種類の材料で作られるシンプルなお菓子ですが

家庭によって伝えられるレシピが違うんだろうな、と思うと、シンプルの中にも奥深さを感じます。

さて、「ショートブレッド」、試作してみました。

少し効かせた塩味が全体を引き締めてくれて、リッチなバターの香りが特徴です。

レシピによって、出来上がりの固さや食感が違うので、色々試してみたいと思います

ショートブレッドホール

棒状のものなど、色々な形が有りますが、型に入れて焼いてみました。

ショートブレッド

見た目がシンプルなので、装飾が華やかなお皿に合わせやすいです♪