最近すっかり、「暑いですね~」があいさつになっています

週明けには、夏日になるものの少しは落ち着くとの予報ですが・・・。

さて、今日のブログはイギリス菓子「トレイベーク・ケーキ」です。

これは、トレイに生地を流しいれて焼き、切り分ける、家庭的なイギリス菓子です。

特別な型が不要なので、作りやすく、型崩れがしにくいので持ち運びも簡単です。

ピクニック好きのイギリス人は、食べ物や飲み物をバスケットに入れて出かけることが多く、

デザートには、持ち運びが簡単な「トレイベーク・ケーキ」をトレイごと持っていくこともあるのだとか。

イギリス人が使う、籐のピクニックバスケットは、お皿やカトラリー、グラス、水筒などが収納できる、

機能的な優れものピクニックが定着したのは、19世紀後半頃とのことなので、

ピクニックはイギリス人の生活の一部なのかもしれませんね

さて、今回試作したのは「チェリー・トレイケーキ」です。

ダークチェリーを入れてみましたが、その季節の旬のフルーツをケーキに焼きこむのがイギリス流。

ベースは変えずに、色々なフルーツで楽しめるのも、「トレイベーク・ケーキ」の魅力ですね

リンゴやアプリコット、ベリー類なども試してみたいです。

今月、金・土の夜(19:30~23:00)は、ティールームでビアガーデンを開催しておりますが、

今週のみ、ビアガーデン開催中に、こちらの「チェリー・トレイケーキ」をお召し上がり頂けますよ~♪

ぜひお試しください

チェリースクエアケーキチェリーケーキと紅茶

試作の「チェリー・トレイケーキ」、スポードの食器(右写真)に乗せてみました。

スポードはイギリスの食器なのですが、温かみがあって、シンプルなお菓子がぴったりです♪