猛暑が続いてますね

私は、暑い季節には、アイスティーを少し甘くして、

柑橘系のジュース(オレンジやグレープフルーツ等)で割るのが好きです

さて、前回のブログの続きで、「紅茶ハチミツのお話」、今日は龍眼編です。

「龍眼」(ロンガン)、ご存じですか

中国や、台湾でとれる柑橘系のフルーツで、その姿は、まるで金色の龍の目のよう。

こちら、実は有名な「アールグレイ」の元になったと言われています

アールグレイの誕生には、諸説ありますが、アールグレイ(Ear Grey)とは、「グレイ伯爵」の意。

グレイ伯爵は、中国から運ばれてきた、龍眼の香りをつけたお茶を大変気に入り、

同じような着香茶(フレーバーティー)を作らせました。

しかし、ヨーロッパでは龍眼が手に入らなかったため、似た香りのベルガモットを使い、

誕生したのが「アールグレイ」と言われています。

ということは、「龍眼」が無ければ、アールグレイは存在していなかったかもしれませんね

さて、その龍眼のハチミツ、見るのも食べるのも初めてです。

ハチミツ龍眼

香りは、やはりアールグレイに似ています

ハチミツをくださったご夫婦に、パンにつけると美味しいですよ、と教えて頂いたので、

イギリスのもちもちパンケーキ、「クランペット」につけてみました

ハチミツ龍眼をかける

クランペットを温めて、バターを溶かして、龍眼のハチミツをとろーりかけて、

うーん、龍眼の香りが、シンプルな塩味のクランペットを引き立てて、美味しい

ハチミツ龍眼とクランペット

素敵なハチミツのプレゼント、どうもありがとうございました

オンラインショップでも買えるそうですので、気になる方はのぞいてみてください。

はちみつ専門店「ラベイユ」のHPはこちら