1/26(日)までの、4日間の開店1周年感謝セールは、大好評のうちに終了致しました。

たくさんの方にご来店頂きまして、嬉しい限りですどうもありがとうございます

さて、今日のブログは、月替わりのイギリス菓子のご紹介です

2月は、「スティッキートフィープディング」です

・・・スティッキー?・・・トフィー??日本ではあまり馴染みのない言葉ですね

スティッキーとは、「ねっとりした」、「ベトベトした」という意味で、

このプディングは、(ねっとり・ベトベトした)トフィーソースがかかっているのです。

トフィーとは、イギリス人が大好きな、とろりとした甘いソース。

コンデンスミルクを、缶のままお鍋で数時間煮て作るトフィーソースは、見た目も味も、キャラメルのよう

さて、この「スティッキートフィープディング」には、デーツ(ナツメヤシの実)が入っています。

南国で採れる「デーツ」は、15世紀にはイギリスに伝わり、

16世紀のエリザベス1世の時代には、肉や魚の味付けに使われたと言われています。

乾燥デーツは、そのまま食べると干し柿のように甘くコクがあり、

これをお湯で柔らかく戻し、生地に混ぜ込むと、プディングに独特のコクをプラスしてくれます。

さらに、プディング生地に少量のコーヒーを混ぜ込み、ほろ苦さをプラス。

デーツ入りのほろ苦いプディングに、甘いトフィーソースをかけてお出しします

デーツのプディング

12月の「クリスマスプディング」、1月の「チョコレートプディング」に引き続き、

まだまだ寒いので、2月も、蒸し焼きにして作る「スチームドプディング」を、温め直してお出しします。

温かいプディングに、温かいトフィーソースをからめて召し上がれ

デーツのプディングとお茶

甘いデザートなので、ウバのミルクティーを合わせてみました。

寒い季節に糖分補給をして、紅茶を飲みながらほっこりしましょう!

「スティッキートフィープディング」、2月1日スタートです